ジュネスグローバルは米国の最も勢いのある会社(モメンタムランキング)で上位獲得!

ジュネスグローバルを世界一にしたのは、テロメラーゼの存在だった

幹細胞テクノロジーを駆使したルミネスのスキンケアシリーズ、
特攻隊としての役割を果たすインスタントリーIA(インスタントリーエイジレス)。
そして、日本の企業も注目するレスベラトロールが配合されたリザーブ。

ユニークな製品はこれらだけではありません。
ジュネスを世界最速の成長へと導いたのは、ある製品の存在です。

テロメラーゼを強化するサプリメント、FINITI(フィニティ)という製品が
ジュネスグローバルを一気にスターダムへと押し上げたのです。

テロメラーゼ。あなたは聞いたことがありますか?
では、テロメアは…?

そもそもテロメアとは一体何なのでしょうか?

染色体の末端にはテロメアと呼ばれる構造体がある -JEUNESSE

テロメアは染色体の先に位置するDNAの小片で、
100以上にもなるヌクレオチド系配列TTAGGGの反復から構成されているものです。

テロメアはいわば、細胞の分裂をすることで、DNA先端における
フタの役割を通して損失を妨げ、融解や消耗から染色体を守ることで、
遺伝物質の露出や損害、突然変異の発生を防いでくれている、
とても大切なDNAなのです。

DNA-テロメア

しかしながら、人間の身体は老化とともに細胞の分裂回数に限界が来ます。
その主な原因が細胞分裂によるテロメアの短縮ではないか…??

そして、研究の結果、導き出された答えはただ一つ。

老化とは、このテロメアが短くなり、細胞分裂に限界が来た状態をいう

FINITI(フィニティ)はテロメアの短縮を止め、むしろ再生を促すことで、
細胞分裂の回数を増やすことを目的にして作られました。
我々人間の、老いとともに短くなるテロメアを長くするために必要な酵素、
テロメラーゼを強化する製品ということですね。

◆◆◆ FINITI(フィニティ)の効能 ◆◆◆

ネットワークビジネス ジュネス FINITI

[check]特許成分アストラガルス(TA-65)が酵素テロメラーゼを強化し、短いテロメアを増強
[check]ミトコンドリアの再生
[check]豊富なカルシウム含有量による免疫システムと骨の強化
[check]天然の抗酸化物質、ザクロエキスが人体に有益であるエラグ酸を提供

特許成分アストラガルス(TA-65)の国際特許を取得している
TAサイエンス社とジュネスグローバルは独占契約を結んでいます。

これが世界一を獲れた理由であり、製品力です。

テロメラーゼ酵素 ノーベル生理学賞・医学賞を受賞していた -JEUNESSE

2009年のノーベル生理学・医学賞は、米カリフォルニア大の
エリザベス・ブラックバーン教授、ジョンズ・ホプキンズ大のキャロル・グレイダー教授、
ハーバード大のジャック・ゾスタック教授が受賞しましたが、

その受賞理由が

寿命の鍵を握るテロメアとテロメラーゼ酵素の仕組みの発見なのです。

テロメアとテロメラーゼによる細胞機能の基本メカニズムを解明し、
新しい疾患治療法開発の可能性を示した業績が評価されました。

☝テロメアを分かりやすく説明した動画です。

以下は、研究結果のレポートを一部抜粋したものです。

老化との関連性

「TTAGGG」の塩基配列の繰り返しからなるテロメアの長さ、並びにテロメラーゼ酵素による
修復作業は目には見えないが、老化プロセスにおいては重要な役割を果たしている。
テロメアは細胞が分裂するたびに短くなっていく。
テロメラーゼはテロメアを部分的に再建するが、テロメアが
「ヘイフリック限界」として知られる一定の限界を超えて短くなると細胞は死んでいく。

テロメアの短さと病気のかかりやすさは比例する

テロメアは病気への罹りやすさに関する生体指標だと考えられている。
2007年に英国で行われた中高年の男女1,500人を対象にした研究では、
テロメアが最も短いグループが5年以内に心臓病を発症する確率は、
テロメアが最も長いグループに比べて2倍であるという結果が出た。
その理由は明らかではないが、短くなったテロメアが動脈壁の損傷部分の細胞修復を
妨げると考えられている。

ノーベル賞受賞から不老物質への発見へと飛躍した -JEUNESSE

人間のテロメアは繰り返し細胞が分裂する際に短くなっていくことは
冒頭でお話ししました。

同時に、身体の中にある「幹細胞」「生殖細胞」「ガン細胞」の3つは
どれだけ分裂してもテロメアが短くならないということも発見されていたのです。

なぜ、この3細胞のテロメアは短くならないのか?
これが最近になってテロメラーゼ酵素の働きであることが分かってきました。

テロメラーゼ酵素の働きを通常の細胞でも活用することが出来れば、
テロメアは短くならない。
つまり、我々人間の老化現象を防ぐことが出来るかもしれない。。
という考えから、研究者たちの日夜に渡る研究が今も進められています。

「不老不死」「不老長寿」「不老物質」…

万里の長城を築いた始皇帝が欲しかった答えまで
あともう少しだということでしょうか?


・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *

★☆☆関連ページ☆☆★


当サイトでは特定の企業を推奨しておりません
2017ネットワークビジネスランキング 速報はこちら

2017ネットワークビジネスランキング 速報

インターネットMLMにご興味のある方へのご案内資料はこちら

こっそりMLM

インターネットMLM


pq.Rica