クローザー(Closer)とは?
読んで字のごとく「クローズする」のが仕事。

ネットワークビジネスにおけるクローザーとは…

クローザー。

営業のお仕事をされている方はピンと来るかもしれませんね。

私はクローザーと聞いて、最初に頭に浮かんだのは、
ブレンダというやり手の敏腕刑事が主役の

「クローザー」という海外ドラマでした。

ドラマでの「クローザー」は
仕事を終わらせる(クロージング)という意味合いですが、

面白くて、ハラハラして、
最後はいつもカッコよかったですねぇ。

話が逸れました。

アポインターが取ってきたアポを消化する人をクローザーといいます。

クローザーは、

見込みのお客さまに対し商談をして、契約締結するところまでやります。

営業の世界ではどこでもクローザーという言葉が使われているようですね。

ネットワークビジネスの世界にもいるんです。

クローザーと呼ばれる説明責任者が。

クローザー

ネットワークビジネスにおけるクローザーの役割

ネットワークビジネスと言えば、ABC。

あなた(B)の見込み客(C)をあなたのアップ(A)に会わせる、あのやり方です。

ある意味ではクローザーもこのAに該当しますが、

違うのは

商材の中身はもとより

「人を語れる」人間であるということです。

あなたの新規さん(C)に会うのは初めてなのに、

どうして瞬時に判断し、一人一人に合った説明ができるのでしょう?

クローザーは一人一人と真剣に対話し信頼を勝ち取ることで

その人にとってクロージングしていいタイミングを見極めているからです。

ネットワークビジネスにおけるクローザーは
人間という人間を知り尽くしたプロなのです。



インターネット集客とクローザーを融合したビジネスなら!

従来のABCネットワークビジネスではなく、

インターネット集客を展開し、

あなたの代わりに会いに行ってくれるクローザーがいれば。

口コミができなくても、人脈がなくても、時間がなくても、

クローザーにあなたの思いを託すことで

「聞いてください♪知ってください♪」

と伝えることができます。

あなたが見つけた人がどんなに遠く離れていても。
その人とリアルの信頼関係を築けるまで仕事をしたクローザーは
あなたの大切なビジネスパートナーです!


★☆☆合わせて読みたい関連ページ☆☆★


ネットワークビジネス2018

※注目その1※
製品が有る=
  会社の取り分が多い=
    会員にわたる還元が実は少ない…
という構図に気が付いた方から
「モノ」を売らないMLMに移行していっています。

auto-9f9sKX.png



※注目その2※
2016年、電力小売自由化により、各家庭で新電力会社をを選ぶことができるようになりました。
MLMにおける電力小売大手企業は業界最安値を保証しています。

auto-mg4klw.png

資料請求はコチラからどうぞ☆彡

[check]しつこいご案内や勧誘は一切ございません。安心してお求めください。

[check]ご案内資料・動画は すべて無料でご覧頂けます。

[check]資料請求後、1週間メールでご案内し、終了です。


知ってほしいこと


pq.Rica