ネットワークビジネスの最初の壁「逆レバレッジ」

ネットワークビジネスを始めると、いろいろな壁が立ちはだかります。

PC & Me3

それらの多くは想定外であることの方が多いのですが、
ほぼ必ず、誰にも訪れると分かっている
『最初の壁』があります。

「逆レバレッジ」といわれるものです。

多くのネットワークビジネス初心者は、
この壁を難関と感じて辞めてしまうことが
多いようです。

ここでは、この壁が例外なく誰にでも起こり得るということを
前もって認識していただくためのページです^^*

ネットワークビジネスの「逆レバレッジ」を理解する

自らビジネスを経験したことがない方は、労働の対価として、
「賃金をいただく」ことをイメージすると思います。

construction-workers.jpg

1カ月働いたら、1カ月分の収入が発生する。

労働収入では1カ月の労働に対して
約数十万円を次の月には得られますよね。
日払いのアルバイトなら
働いた当日に1日分の収入を得られます。

長い間、労働収入に携わってきた方であれば、
これは誰にとっても常識ですよね。

ところが、権利収入を構築していくネットワークビジネスでは
このような考えはあてはまらないんです。

始めた段階から半年ほどは労働量に対して、
収入が極端に少ないと感じる人が大多数なのです。

ネットワークビジネスは組織が構築されればされるほど、
レバレッジが効いてくるということは
ネットワークビジネス(MLM)のレバレッジとは?
でお話ししたとおりですが、

初期の段階ではまったく真逆の状態が起こるために、

「逆レバレッジ」と呼ばれています。

権利収入と労働収入の違いを理解して「逆レバレッジ」を受け止める

ネットワークビジネスに取り組むには、

権利収入と労働収入の違いをしっかり理解することが大切です。

そうです、あの『パブロとブルーノの物語』です。

PABLO&BRUNO

「パブロとブルーノの物語」を知りたい方はコチラ!

これをあまりよく理解しないまま、
「権利収入だ♪」と軽い気持ちで始めた方は、
この第一関門である「逆レバレッジ」に耐え切れないようですね。。

最初の数ヶ月収入ゼロ、もしくは数百円・数千円という現実が、
ビジネス開始早々の段階で訪れるのです。

特にまだ不慣れで確信の少ない新米の人に…

ですが、考えてみてください。
たった数か月や半年で一人前に稼げる職業ってあるのでしょうか?

高給取りのイメージがある弁護士やパイロットといった肩書の方が
実際に高額な所得を得るまでに何年かかっているでしょう。
医師になるためには6年間医学部へ通わなければいけないですよね。
国家試験に受かるまでには、またさらに年数がかかるかもしれません。

特に資格が必要なさそうに見える
お笑い芸人さん、大工の親方さん、伝統工芸の職人さん…
その誰もが類まれな才能と相当の努力を持ってしても、
高給取りになるまで『何年も何十年も』
下積みを重ねてのし上がったことは確かですよね。

ところで。

親戚が起業しているのですが、そのうちの必要経費に
「Tシャツなど麺素材の衣類にデザインを印刷するガーメントプリンター」
というやつが欠かせないようで、

このプリンターがなんと158万円!!

うっひー∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

他にも広告宣伝費、賃料、水道光熱費、等々、ビジネスを維持していくために
経費がかかるんですね。

しかし、

これがネットワークビジネスだったら?

起業するのに必要だと考えられる経費はほとんどかかりません。

経費はかからないけれど、

ただ、単純に。

何カ月も収入ゼロの状態が続くとモチベーションを維持することが
できずに辞めてしまうのですね。。^^;

ネットワークビジネスにおける逆レバレッジは
当然のものとして
『そういうものなんだね』と冷静に受け止めて、
チームの仲間とコツコツ頑張れば
あなたは近い将来、本当のレバレッジを
手にすることができるのです。
。゜・。・゜・。+☆+。・゜・。+☆+。・゜・。


★☆☆合わせて読みたい関連ページ☆☆★


詳しい情報

資料請求はコチラからどうぞ☆彡

インターネットMLM


知ってほしいこと


pq.Rica